胸が大きい人が多い国 ノルウェーの秘密

国民が総じて胸が大きい国を知っていますか?それはノルウェーです。世界のバストランキングで上位にランクインしています。しかもバストに平均サイズはEカップ以上です。国民の多くが胸が小さめの日本人からしたら羨ましいですね。でもノルウェーの人が胸が大きいのにはきっと理由があるはず。ここではノルウェー人が胸が大きい秘密について解説します。

栄養が豊富な食事文化

食事は胸を大きくするうえで重要事項ですね。食べるものはそのまま体の土台になるわけですから当然です。それでノルウェー人は何をよく食べているのかというと、胚芽入りのパン、シーフード、羊の肉やとなかい、カブ、きゃべつなどです。ノルウェーは海に面している地域が多い国です。ですから漁業が発展しました。サケ、タラ、サバにエビなどが豊富に漁獲されています。中でもサケはノルウェー人がよく食べています。そしてお肉はヘルシーな羊の肉。胸を大きくする作用があるキャベツ。ちなみにキャベツに含まれているボロンという成分がバストを大きくする作用があります。

ヘルシーで栄養価も高い食文化が胸を大きくする土台になっているのです。

栄養面から考えると日本人でもサプリやクリームでバストアップすることが可能です。管理人の恵さんが運営のこのサイトはけっこうためになるかも!?→サプリとクリームで胸を大きくしています。栄養面で不満がある方は試してみるのもいいかもしれません。

大きな体格

ノルウェーの人は体格がいい人が多いです。体格とバストがどう関係しているかというと、バストは体の大きさにより上限があり、支える筋肉ないと胸も大きくなりません。身体の大きい人の方が筋肉量があり、バストも大きくしやすいのです。ノルウェー人女性の平均身長は168cmです。日本人よりもずっと身体が大きい事が分かりますね。

ストレスが少ない社会

日本人は常にストレスを抱えて生きている人が多いです。実はバストの成長とストレスには大きく関係があるのです。それはホルモンバランスに影響するからです。胸が大きくなるのは成長ホルモンや女性ホルモンの分泌のバランスが重要です。しかし、過度のストレスを受けているとホルモンバランスが崩れます。ですから胸の成長に悪影響を与えるのです。特に胸の成長が激しい10代の頃は成長ホルモンの分泌が活発になりますから、この時期にストレスとうまく付き合う事で、胸の大きい女性になれます。

ところでノルウェーの人はなぜストレスが少ないのでしょうか。それは高校までの学費や公立の病院での診療代が無料だったり、子供を育てる環境も整っている事から育児のストレスも少ない、さらに老後に貯金がなくても生きていけるというように、ある意味恵まれた状態ですから、ストレスも少ないと言えます。ノルウェーはストレスが少ない国として知られています。さて、日本人とはいろいろと違う点があるノルウェー人。なぜノルウェーの人は胸が大きい人が多いのか、分かりましたね。すべてとはいきませんが、私達日本人も参考にできる事もあるのではないでしょうか。まずは食事などを変えてみてはいかがでしょう。